TW_1432

<Shopping Information>

サイズ: カップ W8.7 × D11.3 × H6.7cm、ソーサー φ12.8 x 2cm
状態: 良好

 


 

Vieux Parisで19世紀に作られた紅茶用のカップ&ソーサー。

金彩色に、薄い青い花があしらわれた繊細で美しいデザイン。すべて手彩色で描かれたデコレーションは眺めているだけで惚れ惚れとしてしまいます。飲み物を注ぐとカップから透けて見えるくらいのとても薄手な作りの、心穏やかにしてくれるカップです。

当時、貴族階級に向けて作られたカップですが、小さなカップは美しくも華美になり過ぎず、今の暮らしにもそっと馴染むと思います。

 

> Vieux Paris (ヴュー パリ)

ヴュー パリ。1700年代半ばから1870年代にナポレオンⅢ世時代の終焉頃まで、パリ北東に存在した磁器窯の総称で、Porcelaine de Paris (ポルスレーヌ ド パリ)とも呼ばれます。1700年代以降、セーブル窯、リモージュ窯を中心にフランスの磁器文化は発展を遂げますが、王が磁器工房設立を奨励したこともあり、パリ周辺にもいくつかの窯が設立されました。そうした10〜20の窯のことを総称して現在ではVieux Parisと呼んでいます。働く人々の多くは元リモージュやセーブル窯の職人だったそうです。

当時磁器は大変高級なもので、貴族や中流階級以上の身分の人々に使われていたため絢爛な装飾の器が多いのが特徴です。また素材の特色としては、白くきめ細やかで大変硬質、表面に艶があり磁器自体に重厚感を感じるものが多いです。フランス国内の王侯貴族やブルジョワジー達を顧客にし、大量には作られていなかったため、現存品は多くありません。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点