TW_152_3TW_152_4

<Shopping Information>

サイズ: サイズ: 18.8cm
状態: 良好。

 


 

フランス語で「ajourée = 透かし模様」と呼ばれる繊細デザインのリムプレート。フランスのニドゥルヴィエ窯 (Niderviller) の器です。

アンティークとしては比較的数の少ない、小さいサイズのリム皿は、さらっとどんなシーンでも使えて重宝する器だと思います。白無地でありならがも透かし模様のリムに上品さがあり、食卓が明るいものになりそうです。

ニドゥルヴィエはドイツ国境近くに位置し、歴史的にはフランスとドイツの領土争いに巻き込まれてきた歴史のある地。フランス内地のファイアンス窯に比べると厚め塗られた釉薬には、どこかドイツ的な器の雰囲気があります。

 

> Niderviller (ニドゥルヴィエ)

1735年開窯。ロレーヌ地方 (サルグミンヌ窯と同地方) で最も古いファイアンス窯の1つです。フランス革命での経営難を乗り切り、本格的な工場生産を開始したのが、1827年頃。現在市場で見ることの多い器はこの時代以降のものです。

現在ではフランス領ですが、ドイツとの領土争いに巻き込まれてきた地 (アルザス=ロレーヌ地方) に窯が位置していたことから、特に19世紀末以降の器には、フランスらしさとドイツらしさ、双方の特長が見られます。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点