TW_153a

<Shopping Information>

サイズ: W24.5 × D23 × H2cm
状態: 経年による古物ならではの風合いがございます、下記をご参照ください

 


 

フランス、クレイユ窯で1800年代初頭に作陶された、現在市場で見かけることのできる器としては最も古手のオクトゴナル皿です。

オクトゴナル皿は、クレイユ窯とモントロー窯が合併しでできたクレイユ エ モントローで20世紀初頭に復刻されたものが最もポピュラーですが、こちらは合併前のクレイユ窯で、開窯ごく初期に作陶されたもの。

この時代のクレイユ窯で作られたオクトゴナル皿の特徴でもある、リムに細かくあしらわれた菱形レリーフが生む繊細さからは、王侯貴族を顧客としていた歴史が感じられます。

1789年に起きた市民革命を経た1800年代のフランスでは、クレイユを含むさまざまな陶器窯が、イギリスに遅れるかたちやってきた産業革命の波のなかで、陶器の量産体制化を整備していきます。こちらの器はそうした時代に入る直前、まだ貴族を顧客として想定していた時代に作陶された、フランスでは「ファイアンス フィーヌ = 上質陶器」と呼ばれる逸品です。

 

約200年の時を経てきたことを感じさせる、釉薬の剥がれが見られます。油分の強いものはお避けいただいたほうが安心かと思います。リムの部分にはごく小さなな欠けにございますが、美観を損なうものではありません。一覧写真の2枚目をご確認ください。

19世紀初期の陶器ならではの肌質、風合いが魅力的な逸品ですが、古い器ということをご理解のうえご注文いただけますと幸いです。

 

> Creil (クレイユ)

1797年、ファイアンスリー (ファイアンス陶器窯)、クレイユはアイルランド出身のパリの実業家ロバート・ブライ オライリー (Robert Bray O’Reilly) なる人物が、クリスタルのガラス製造から事業の転換をするかたちで開窯しました。以後窯は、19世紀半ばにはモントローと合併しクレイユ エ モントローとなる等さまざまな変遷を経ながらも、19世紀末まで街の一大産業として栄えました。

クレイユとしての作陶は、1819年にクレイユの工場の所有者だった人物が買収したモントローと正式に合併をしクレイユ エ モントローとなる1840年までです。
時代としては、貴族を中心としたごく限られた人々を顧客としていた時期と重なることもあり、クレイユの陶器からは、ファイアンスフィーヌ = 上質陶器と呼ばれる当世の器にしかない気品や色気を感じることができます。

 

1800年代初期クレイユ窯で使われた細身の書体の「CREIL」エンボス。

TW_153

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点