tw_219_1

<Shopping Information>

サイズ: φ21.3cm
状態: 良好

 


 

透かし模様 (フランス語: ajouré,e) と呼ばれるリム皿。
フランスアンティークならではの器としてファンもとても多いデザインです。

料理やお菓子を乗せると少し広めで優しい雰囲気のリムが浮き上がり、食卓をとても魅力的なものにしてくれます。

1849年から1867年頃。クレイユ エ モントローとして窯が合併し、ルブッフ&ミリエ社 (Lebeuf Milliet et Cie) が経営を行っていた時代に作陶をされた器です。

 

tw_219_5

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

 

現在在庫のご用意があるものは下記2点となります。
若干の難がございますので、価格を少し下げてご案内しています。

ご注文いただく際、ご希望の個体を「備考欄」へご記入ください。

 

個体 A: リムの部分に、焼成前に入ってしまったと思われる小さな不純物がございます。

個体 B: SOLD

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点