tw_246

<Shopping Information>

サイズ: φ21.5 × H2.5cm
状態: 良好

 


 

フランスアンティークでは最も定番とも言える、サルグミンヌ ディゴワン窯で、19世紀末〜20世紀半ばごろに生産をされたシンプルな白釉陶器のプレート。磁器質がほんの少しある、つるりとした質感の陶器です。

色気を纏った白色は、サイズ感も程よく、食卓のあらゆるシーンで活躍してくれると思います。

 

ディゴワン サルグミンヌ窯のこのサイズのプレートは19世紀末〜20世紀半ばまで数十年間、2つ以上の工場で、窯の定番品として作陶されました。刻印が異なることからも、仕入れ品の作陶年代がさまざまであることが分かりますが、同素材、同サイズのものを同一の品としてご紹介させていただいています。

 

> Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開窯したファイアンスリー、サルグミンヌが、1870年、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに、1879年に工場を構えた (当地に既存であった窯との合併というかたち) のが、現在、サルグミンヌ ディゴワンと呼ばれているファイアンスリーの歴史の始まりです。以降、様々な変遷を経ながらも2007年までその歴史は続きました。

サルグミンヌ時代には貴族等の上流階級を主な顧客とした上質な器が主に作られ、ディゴワンでの作陶が活発になる19世紀末以降は少しづつ大衆化していき気軽で親しみやすい器が多く作られました。

 

販売価格(税別)
¥0
売切れ
Stock:0点