menu

Description / Technique

プレスガラス / 型押しガラス

高温で溶かしたガラスを、型でプレスして成型したものをこう呼びます。プレスガラスの製法は複雑な形状の作成を可能し、ガラス製品の枠を大きく広げました。1800年代前半にアメリカで開発され、フランスでは1830年代以降にバカラやサンルイでも用いられました。

産業革命以後、文明社会のなかで発展した技術であるプレスガラスからは、19世紀〜20世紀前半の移り行く時代の変化を感じることができます。