menu

Items / Pottery

18th Century Loza Catalonia

 

18世紀スペイン、カタルーニャ近郊の錫釉陶器です。

太筆によるおおらかな藍の花絵には、同時代の他の西洋諸国とは異なるイベリア半島固有の文化気質が感じられます。

さらさら描ききったように思わせる全体と、一歩踏み込んで眺めると仄かに垣間見える稚拙な細部。印象の不一致は、頭ではなく、腕と指に仕事を染み込み覚えさせたであろう陶工こそが生み出せる、作為や構えのない自由さなのでしょう。土地の気候風土と暮らしが育み生んだ自然な筆触に心惹かれます。

似た手の品と比べると控えめな彩度に、輪線模様とほどよい余白は、器としての無理がなく、厚い陶土と掌に馴染む心地よい重さ、削げ剥がれてしまった口縁の有機性もごく好ましいです。

 


 

φ21.7 × H3.9cm

(ご売約済)

Related posts