menu

Items / Pottery

Digoin Sarreguemines Légumier

 

1920〜50年頃、ディゴワン&サルグミンヌ。

日常のなかで時を刻んできたフランスのテールドフェール陶器の魅力が詰まっています。きっと当時、野菜料理を盛り付けるためのレギュミエや、スープを食卓でサーブするためののポ・ア・ブイヨンとして日々用いられたのでしょう。タフに使い込まれたことで生まれた釉景色。残された跡形から、かつての持ち主の生活の気配を感じとります。

小さめの寸法は珍しいです。現代の暮らしにも自然と溶け込む一品だと思います。

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開かれた窯は、1870年代に、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに新しい窯を構えました。

経営においては幾度かの変遷を経ながら、両窯共に、20世紀を通して稼働し続けました。サルグミンヌ単独経営の時代の作陶品としては、貴族や有産階級を主な顧客とした繊細なファイアンスフィーヌが知られます。ディゴワンとの二拠点体制となった19世紀末頃からは、少しづつ大衆化していき、機能的で実直な陶磁器を作陶しました。

地図(Click!

 


 

W18.5 × D18 × H14cm

販売価格(税別)
¥13,000
Stock:1点

Related posts