menu

Glassware / Items

2 Verres à Liqueur

 

19世紀後期、小さな脚付きリキュールグラスです。

揺らぎや躯体の歪みに、灰みがかったガラス胎。古い民芸吹きガラス固有の美観を余すことなく備えていることは元より、印象的なお洒落なカタチに殊に心惹かれました。肩の抜けたユーモラスには、寧ろ自由な軽妙洒脱さを感じます。

なんというのでしょう。自分が想うフランスの魅力と言えばそのとおりなのですが、意外とこの感じが自然に顕れ出ていて、加え個性も感じる工芸品というのは多くはないのです。「これでなければいけない」という強度を追い求めるのではなく、けれど「これがいい」という欲求を心地よく満たしてくれる、そんな器です。

甘いデザートワインやハーブリキュールを注いで。

引き離しがたく、2点セットでの紹介です。

 

Verre Soufflé (手吹きガラス)

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまな工房で吹きガラスが作られていました。

ガラスの製法には様々ありますが、この時代の民衆の器としての吹きガラスには、もっとも古いガラス製法である宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う製法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える場合には型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、古い作りで見られる手作業(マウスブロー)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった個体差があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、職人の気配が感じられる吹きガラスならではの表情はとても魅力的です。20世紀以降、ガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房はやがて姿を消してしまいました。アンティークの吹きガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 


 

Lip φ5.5 / Stem φ5.5 × H10.6cm

(ご売約済)

Related posts