menu

Glassware / Items

Verre à Liqueur en Cristal Ancien

 

19世紀末〜20世紀初頭頃。

光を浴びて乱反射する良質なマウスブローによる厚手クリスタルガラスに、酒・酔い・祭りの象徴として古くから西洋で愛されてきた葡萄唐草(グレープヴァイン)文のグラヴュール。

穏当なクラシックを感じる、小さなグラス酒器です。

個人的に惹かれたポイントが寸法と重量の按配です。ハードリカーをストレートで嗜もうとしたときに、小さなゴブレ(コップ)を所望することはあれど、意外と器としての重たさが足りないと感じることが個人的には多いです。良質なアンティーククリスタルガラス故の指馴染み心地よい重たさが、お酒の時間の満足感をささやかに助長します。

似た手としては、マウスブローによる厚底(トロンプルイユ)のソーラガラスの器が思い浮かびますが、クリスタルというマチエールと葡萄唐草文は一層エレガントな印象。

何れも甲乙つけ難いのですが、コニャックやアルマニャックなら、今回紹介の個体が似つかわしく、ラムやウイスキーなら味と香りによって使い分けたいところでしょうか。

 

Crystal Glass (クリスタルガラス)

清らかな透明感、美しい輝き、高音の澄んだ音色。まるで天然の水晶のようなであることから、その呼び名で呼ばれるクリスタルガラスは、特に西洋では、装飾芸術としてガラスの価値を高めた存在です。

通常のソーダガラスより硬質で、溶解温度も低く抑えられるという特徴から、繊細なカットやグラヴィールをすることができますが、その成形には高度な知識や技術が必要です。

例えば歴史ある工房では、火を用いてクリスタルを吹く作業「ホットワーク」と、製品を研磨しカットや装飾を施す「コールドワーク」の、それぞれの工程に専門の職人がおり、フランスが世界に誇る著名なクリスタル工房バカラやサンルイは、同国の最優秀職人 M.O.F. (MEILLEUR OUVRIER DE FRANCE ) を多数輩出しています。

高品質なクリスタルガラス成型は、まさに伝統と技術の結晶です。

 


 

φ5 × H5.8cm

(ご売約済)

Related posts