menu

Items / Pottery

DIgoin Sarreguemines Assiette épaisse

 

修道院や宿舎といった公的な場所の食堂で日常使いされた白釉厚皿。
今回紹介の個体は、恐らくデッドストックと思われます。

フランスのテールドフェールらしい柔らかな肌合いに、質実剛健を感じるタフな佇まい。相反する要素を合わせ備えた塩梅のよさこそが、この種の厚皿の魅力でしょう。常々探していますが多くは見つかりません。

厚みは中庸。使い込んで育てていきたい、そんな一品です。1920〜50年代頃、ディゴワン・サルグミンヌ。

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開かれた窯は、1870年代に、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに新しい窯を構えました。

経営においては幾度かの変遷を経ながら、両窯共に、20世紀を通して稼働し続けました。サルグミンヌ単独経営の時代の作陶品としては、貴族や有産階級を主な顧客とした繊細なファイアンスフィーヌが知られます。ディゴワンとの二拠点体制となった19世紀末頃からは、少しづつ大衆化していき、機能的で実直な陶磁器を作陶しました。

地図(Click!

 

 


 

φ21.7 × H2.5cm

(ご売約済)

Related posts