menu

Items / Pottery

Jatte Octogonale de S.C.Richard

 

イタリア、リチャード社(Societa’ Ceramica Richard)で作陶された八角の大鉢です。

決して数多く見てきたわけではありませんが、イタリアの19〜20世紀初頭の古い白釉陶器には、フランスのそれとは異なる個性があります。イギリス、フランスから南下してきた近代的な製陶技法が、古くからの土着の工芸文化と交差するかたちで独自発展したことを物々を見るにつけ感じます。

硬質な陶胎と経年による古色。焼き締まった全体に甘さはなく、八角というカタチも相まり端正で真面目な印象を受けます。そこに時間が合わって小慣れた具合が加わることで、佳き塩梅な古陶器に仕上がっています。

収穫した秋の恵みをたっぷりと添えて。そんな景色が似つかわしいでしょうか。

大きな鉢は場所を選びますが、素敵な用途を見つけてくださる方がいらっしゃればと思います。

 


 

W36 × D33.7 × H4cm

(ご売約済)

Related posts