menu

Items / Pottery

Creil et Montereau Octogonal Compotier

 

透明感のある上品で優しいクリーム色が印象的。

当時、シリーズ陶器としてリリースされていたオクトゴナルモデルのバリエーションの1つで、クレイユ・エ・モントローのモントロー製陶所で作られた脚付きのコンポティエです。

20世紀初頭、フランスの市民的陶器を代表するような存在のオクトゴナルモデルですが、殊にコンポティエとなると最近は本当に見かけなくなったように思います。若い時代ならではの甘さも、ディナー用途の皿類だと個人的には手が伸びんませんが、ティータイムに寄り添うような器だからこそ愛らしく、経年によるこなれた風合いにも安心を感じます。

設計上、見込み部分は多少の剃りがあります。小さめのホールケーキや果実が似つかわしい器です。

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユと、1700年代前半から製陶を続けていたモントローが、1840年に合併してできたのが陶器会社クレイユエモントロー。1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで作陶が続けられました。

主なマテリアルは当時の主流であったテールドフェール(半陶半磁器)。
パリのブルジョワジーを顧客に、当時のフランス製陶文化を牽引しました。

地図(Click!

 


 

直径26 / 幅24.2 / 高6.8 センチ

全体に貫入、口縁にはヒビにはならない程度のヘアライン1箇所と、脚部にちいさな欠けが2箇所。
多少の瑕疵はありますが、用いるにおいては気にならない範疇と思います。

(ご売約済)

Related posts

テキストのコピーはできません。