menu

Items / Pottery

Bordeaux Petite Assiette 1845-65

 

地味で何てことないように見えて、固有の魅力が宿る1枚。

1845〜1865年頃、ボルドー。初期テールドフェールのリム皿です。

白釉掛けは品よくまろやか。各部位はやわらかさを残しつつ、エッジを効かせ端正にこまやかに仕上げられています。リム背面部におけ、内側に向かって沿った曲線的な設計と、その先端の高台の付設方法は特に特徴的ですね。他の窯とは異なる、ボルドー窯らしい甘さを控えたニュアンスとモダンな佇まい。絶妙な塩梅に惹かれます。

一般的な設計より僅かにちいさめな寸法であることもポイントです。

背面には三日月の「D.ジョンストン陶・ J.ヴィエイヤール社(D. Johnston grès J. Vieillard & Co)」刻印。

 

Bordeaux – Jules Vieillard et Cie / ジュール・ヴィエイヤール・ボルドー

ジュール・ヴィエイヤール社(Jules Vieillard et Cie)。ジュール・ヴィエイヤール・ボルドーとも呼ばれます。1835年、イギリス人のデヴィッド・ジョンストンが、多くの職人達を引き連れボルドーの街に開窯したのが歴史の始まりです。その後1845年に後継者として、ジュール・ヴィエイヤールが会社を引き継ぎ、社名を改め、1895年までその歴史は続きました。パリ万国博覧会で賞を得るなどした、フランス南西部を代表する、当代随一の陶器窯です。

 


 

直径19.7 / 高2.2センチ

販売価格(税別)
¥7,000
Stock:1点

Related posts

テキストのコピーはできません。