menu

Items / Pottery

DIgoin Sarreguemines Tasse à thé

 

1920年代頃、ディゴワン・サルグミング。

特に古い器では探すとなかなか見つからない、容量をたっぷり注げる、ゆとりある寸法のハンドル付きティーカップ。なんとも嬉しいものです。

やわらかな白釉にシンプルなモデリング。カジュアルでいて、さり気のない雰囲気とあたたかさも感じられ、人の手が介在した工業品(手工業品)として、ディゴワンらしい魅力が感じられる一品です。

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開かれた窯は、1870年代に、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに新しい窯を構えました。

経営においては幾度かの変遷を経ながら、両窯共に、20世紀を通して稼働し続けました。サルグミンヌ単独経営の時代の作陶品としては、貴族や有産階級を主な顧客とした繊細なファイアンスフィーヌが知られます。ディゴワンとの二拠点体制となった19世紀末頃からは、少しづつ大衆化していき、機能的で実直な陶磁器を作陶しました。

地図(Click!

 


 

約 口径10.7 / 幅12.7 / 高5.8センチ

(ご売約済)

Related posts

テキストのコピーはできません。