menu

Early Music / Items / Music

Bach “Sonatas and Partitas for Solo Violin – I”

 

<Information>

演奏: エレーヌ・シュミット (バロック・ヴァイオリン)
楽器: 18世紀初頭、カミッロ・カミッリ製作のオリジナル古楽器

 


 

「このような作品に没頭することは、別人のようになってしか帰れない旅、再度の出発を切望するようになる旅に出発するようなものだ。天才的な構想によって支配されたこれらの作品に取り組むと、人はその音楽の伝達人である喜びを得ると同時に、謙虚にならざるを得なくなる。この音楽が持つ、躍動する生命力と想像力を自分自身の声で表現することは、まるで何かに取り憑かれたような、想像を絶する体験である。」

演奏家、エレーヌ・シュミットより

参考: Hélène Schimitt, 大槻晃士 訳 “Sonatas and Partitas for Solo Violin – I” Alpha, 2009

 


 

パリの礼拝堂で、18世紀初期のバロックヴァイオリン1挺で静かに奏でられる、バッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』。歌いあげるということはなく、小説を朗読するかのような朴訥で、それでいて奥行の深さを感じる語り。

たった1本の撥弦楽器で表現されるバッハの対位法。修辞的残像はひたすらに美しく、音楽が聴覚を越えてほかのすべての五感まで刺激し、心の奥底へと届く心地です。

ヴァイオリン独奏曲のなかでも古今の名作の一つとされ、アルバムも数多存在しますが、確かな歴史への敬意を静かに紡ぎあげた、とても素晴らしい録音だと思います。

 

ヨハン・セバスチャン・バッハ (1685 – 1750)

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第1番 ト短調

01. アダージョ

02. フーガ

03. シチリアーナ
04. ブレスト

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第1番 ロ短調

05. アルマンド
06. ドゥーブル
07. クーラント

08. ドゥーブル: プレスト
09. サラバンド
10. ドゥーブル

11. テンポ・ディ・ブーレ
12. ドゥーブル

無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第2番 ニ短調

13. アルマンド

14. クーラント
15. サラバンド
16. ジーグ

17. シャコンヌ

販売価格(税別)
¥0
廃盤
Stock:0点

Related posts