<Shopping Information>

サイズ: φ20.5 × H2.5cm
状態: 良好です。ほんのりと茶染みがございます、写真をご確認ください。

 


 

1849年から1867年頃。クレイユ エ モントローの窯の経営を、ルブッフ&ミリエ社 (Lebeuf Milliet et Cie) が行っていた時代に作陶をされた珍しいデザインのリム皿です。

大きすぎず小さすぎずのミドルサイズ。柔らかななかに上品な空気を含んでいる、この時代のクレイユ エ モントローならではの器。時を経てきたことで生まれたほんのりと茶染みが、古い陶器ならではの風合いとしてとても魅力的です。焼き菓子が合いそうですね。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

さまざまな変遷を経てきた窯ですが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の器や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられるモノを主にご紹介しています。

 

販売価格(税別)
¥7,000
Stock:1点