menu

Items / Pottery

Salins “Bowl”

161122_1

 

18世紀以前から「Écuelle à oreilles (耳付きのエキュエール = フランス語特有の平たいボウルの名称)」として親しまれた伝統的なカタチの耳付きのボウル。約70点まとめて仕入れた際、刻印はついていませんでしたが、フランス人ディーラー曰く刻印のついたものもあったそうで、そこには「Salins」と表記されていたそうです。

なかなか数を揃えることの難しい深さのある器。ぜひミルクティーやスープ等、食卓のさまざまなシーンでお使いください。

 

item_1

 

Salins (サラン)

フランス南東部、スイス国境近くに位置するフランシュ=コンテ地域圏のジュラ県にあるサラン=レ=バンという世界遺産にもなった製塩所が有名な街で、1857年に創業したファイアンスリー。

特に20世紀初頭にエドゥアール・シャルボニエというロンシャン窯のディレクターの息子でもあった人物による経営の時代に最盛期を迎え、パリの国際展示会で金賞を得るなど名声を獲得します。

主にはバルボティーヌ等の可愛らしい器等で知られていることもあり、couperinでは定番で仕入れをするという窯ではありませんが、シンプルななかにサラン窯の特徴である柔らかさや優しさの加わった器は、数が少ないからこそ、見つけられたときにとても嬉しくなります。

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts