<Shopping Information>

サイズ: φ22cm
状態: 良好

 


 

1900年代前期にクレイユ エ モントローのモントロー製陶所で作陶されたオクトゴナル皿です。

画家のパブロ・ピカソが愛したことでも有名なアンティークオクトゴナル皿。主だったものとしては初期オクトゴナルと呼ばれる19世紀初頭の合併前、単独経営時代のクレイユやモントロー、あるいはシャンティーといった窯で作陶されたものと、20世紀初頭頃に復刻されクレイユ エ モントローで作陶されたものの2種類がありますが、こちらは後者の品。

食器としての製陶技術がある程度安定した時代のオクトゴナル皿は、日々の食卓でタフに活用いただきたい「用の器」です。

22cmのサイズ感は、パン、デザート、ディナーと用途に合わせて様々に。ほんのりクリーム掛かった色味がほかの器とも合わせやすい、万能皿です。

おそらくデッドストック、ほぼ使用のない良好な状態の品をまとめてご紹介しています。
素材の性質として貫入がございますので、ページ下部のご案内をご確認のうえご注文いただけますと幸いです。

 

 

> Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユ、1700年代前半から陶器の製造を行っていたモントローとが1840年に合併してできたのがファイアンスリー、クレイユ エ モントロー。その後、1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで陶器の製造を続けました。

パリのブルジョワを顧客に陶器製造を続けていたクレイユエモントローの器は、当時のフランス古陶ならではの空気感を纏った作陶品が多く、19世紀フランスアンティーク陶器の王道の1つとして、愛好家も多いです。

窯としてさまざまな変遷を経ていますが、couperinでは骨董としての儚げでありならが凛とした美しい佇まいをもった合併前1800年代前半頃の品や、1800年代半ば以降の器のなかから、美しさと実用性の同居が感じられる品を主にご紹介しています。

 

 


 

ほとんど使用感の見られない良好な状態のアンティークですが
それぞれの個体に少しづつ写真のような貫入がございます。
器としての美観を損なうものでは全くありません。

貫入についての注意点は下記リンクも参考にしていただければと思います。
フランスアンティーク陶器の性質について

販売価格(税別)
¥8,000
売切れ
Stock:0点