menu

Items / Pottery

Jules Vieillard et Cie “Tea Pot”

 

混じり気のない白釉、光を浴びたときに生まれる彫刻的な陰影。シンプルでありながらも磁器窯からの影響を強く感じさせるノーブルな意匠が美しい、19世紀半ばボルドー、ジュール・ヴィエイヤール社のテイエール(英: ティーポット)です。

フランスアンティーク陶器の魅力が存分に詰まった作陶品だと思います。

状態はごく良好。良質な半陶半磁器で、サイズ感も日本の暮らしにも馴染む、実用的な器です。

 

Jules Vieillard et Cie (ジュール・ヴィエイヤール・エ・シー)

ジュール・ヴィエイヤール社。ヴィエイヤール窯やヴィエイヤール・ボルドーとも呼ばれます。1835年、イギリス人のDavid Johnston (デヴィッド ジョンストン) が、多くの職人達を引き連れボルドーの街に開窯したのが歴史の始まりです。その後1845年に後継者として、Jule Vieillard (ジュール・ヴィエイヤール) が会社を引き継ぎ、Jules Vieillard et Cieと社名を改め、1895年までその歴史は続きました。パリ万国博覧会で賞を得るなどした、当代随一のファイアンスリーです。

19世紀末に閉窯してしまったこともあり現存品は多くはありません。

 

 


 

<Item Information>

サイズ:  W21.5 × D11.5 × H15.5cm
状態: 良好です。風合いを画像にてご確認ください。

販売価格(税別)
¥0
out of stock
Stock:0点

Related posts