menu

Items / Pottery

Luneville “Tall Pichet”

 

 

本来の白釉はほんのりと色付きクリーンな古色を纏っています。

古いフランス陶器らしい、色気を帯びたハンドルの装飾性は嫌味にならず、高台がきちんと取り付けられているため佇まいにはすっとした印象があります。プロポーションのバランスも、とても良いです。

1900年前後頃、リュネヴィル。なんてことないように見えて、ありそうでない雰囲気ではないでしょうか。個人的にとても好みな塩梅のトール型ピシェです。

実用において軽やかさを感じられる中庸サイズ。
本来の用途である水差しとしてももちろんですが、花器使いにぴったりですね。

割れや欠けはなく、古い陶器とても状態は良好です。

 

 

Luneville (リュネヴィユ)

1728年にジャック・シャンブレットがフランスのロレーヌ地方で開窯し、その後経営権の移譲や合併など様々な変遷を経ながらも、1981年まで生産が続けられた陶磁器窯。

リュネヴィルとしての生産がもっとも盛り上がったのは1900年代。ヨーロッパでも屈指の陶器会社として、多くの陶磁器が生産されました。1758年に同じ経営者のもとで作られたサン クレモン (St Clement) の製陶所と併せて、リュネヴィル-サンクレモンとも呼ばれます。

クープランで主に紹介をしているのは、比較的作陶環境が安定し、かつ古陶としての雰囲気も感じられる、1800年代後期〜1900年代初頭頃のテールドフェールの器。リュネヴィルは、1892年、創業者のシャンブレットの亡くなった後、事業を引き継いだケラー家とゲラン家による一族運営が経営拡大をするかたちで法人化しケラー-ゲラン社 (Keller-Guerin)となりますが、その時代以降に作陶された器が中心です。

また、1700年代後期〜1800年代初期のファイアンスフィーヌ、及び1840年前後頃のファイアンスフィーヌともテールドフェールとも呼べない固有の雰囲気を纏った陶器もリュネヴィルには存在しますが、それらは非常に希少です。クープランで紹介する機会が持てたのも数える程です。

 

 

(ご売約済)

Related posts