menu

Items / Pottery

Digoin Sarreguemines Plateau à Charcuterie

1920〜1950年頃、ディゴワン&サルグミンヌ。白釉の平盆です。

古いフランスのテールドフェールならではのやわらかな肌合いの白釉に、盆という用途に最適化された潔いデザイン。僅かに立ち上がったリム縁の意匠も、さり気なくてかっこいいです。

一般家庭で取り入れられることは稀でプロユースが想定されていたような料理道具故、現存個体数が少なく、とても久しぶりに見つけることができました。ありそうですが探してみるとそうそう見つけられない、そんな一品です。目を留めてくださる方がいらっしゃいましたら。

 

Digoin Sarreguemines (ディゴワン サルグミンヌ)

1790年、フランスとドイツの国境の町サルグミンヌに開かれた窯は、1870年代に、当地がフランス領からドイツ領となり陶器に莫大な輸出税が掛かるようになったことを受けて、元々陶器文化が栄えていたブルゴーニュ地方にある町ディゴワンに新しい窯を構えました。

経営においては幾度かの変遷を経ながら、両窯共に、20世紀を通して稼働し続けました。サルグミンヌ単独経営の時代の作陶品としては、貴族や有産階級を主な顧客とした繊細なファイアンスフィーヌが知られます。ディゴワンとの二拠点体制となった19世紀末頃からは、少しづつ大衆化していき、機能的で実直な陶磁器を作陶しました。

地図(Click!

 


 

φ34.1 × H1.5cm

スライド写真6枚目のような貫入が全体に淡く広がっています。
水染みはせず、光の当たる加減によってはわからない(写真にも写らない)程度の薄い貫入です。

(ご売約済)

Related posts