menu

Items / Pottery

Creil et Montereau Assiette Creuse

 

1880年〜1900年頃、クレイユエモントローの白釉深皿です。

調和の整ったモデリングを基礎に、低音焼成のやわらかな肌合い、程よく効いたリムエッジ、濁りのない白。垢抜けた印象はパリにも程近い場所を拠点としていた窯の魅力ですね。

テールドフェールの白釉皿としては古手のタイプ。殊に深型となると、そこまで数は出てこないので、見つけたときには逃さないようにしています。

19世紀フランスにおける都会的な手工業品の魅力が詰まった一品です。

 

Creil et Montereau (クレイユ エ モントロー)

1796年に開窯したクレイユと、1700年代前半から製陶を続けていたモントローが、1840年に合併してできたのが陶器会社クレイユエモントロー。1920年にはショワジールロワと合併し、社名をHBCM (Hyppolyte-Boulanger Creil Montereau) と変更し、1955年まで作陶が続けられました。

主なマテリアルは当時の主流であったテールドフェール(半陶半磁器)。
パリのブルジョワジーを顧客に、当時のフランス製陶文化を牽引しました。

地図(Click!

 

Terre de fer (テールドフェール)

技術的・技法的というよりは、商用的な言葉としての側面のほうが強いため語義は多岐にわたり、厳密な定義付けをすることは難しいですが、1800年代初期までの繊細なファイアンスフィーヌ陶器の少量生産を経て、1800年代半ば以降に台頭する市民社会に向けて量産されるようになった、より実用的で磁器質の強い陶器(半陶半磁器)のことを指してフランス語では「テールドフェール」と呼びます。

それ以前の陶器に比べると、主原料である粘土に磁器生産に使われるカオリンや長石がより多く加えられ、釉薬はホウ砂が主原料となっています。

生産者の手跡が残る不均一な施釉や石膏型の寸法差異、或いは経年による貫入。そうした古い陶器ならではの不安定さと、ある程度量産化が整備された時代の陶器ならではの実直さの双方が同居した、過渡期的な均衡は、今の暮らしに溶け込んだときに、無理のない心地よさを生んでくれるように思います。

クレイユエモントロー、ショワジールロワ、ジアン、サルグミンヌ等々。当時のフランスにおける陶器製造の中心にいた様々な陶磁器窯で、多様なテールドフェール陶器が作られました。

 

 


 

約 直径21.2 /3.5センチ

似た4点を揃えて掲載しました。

個体はお選びいただけるようにしましたので、希望がある場合は備考欄にアルファベットを書き添えください。

個体Aには1884〜1920年代に使われた刻印、個体B・C・Dには1876〜1884年に使われた刻印が刻まれています。技法的な差異はなく、上がり具合は大凡一緒です。個体Aも含めて19世紀後期の作陶品となります。

販売価格(税別)
¥6,000
Stock:4点

Related posts

テキストのコピーはできません。