menu

Glassware / Items

Baccarat Petite Flûte à Champagne vers 1960

 

1960年代頃、バカラ。とても小さめな設計のフルートグラス。高13.5センチメートル。

すらりとした佇まいと端正な造形。これからの暑い夏の季節に冷茶器として活躍する場面が目に浮かんで手にとったものです。勿論、本来の用途に即して酒器にしていただくも間違いはありませんね。薄造りで口当たりがキリリと優しく、目に爽やかで、指で弾くとやわらかな高音を鳴らします。五感で涼を感じていただける器です。

幾度か仕入れたことがある好みなモデルですが、初めて手にした寸法。大きさのあるそれと比べると、印象は異なります。手のひらに収まるほどのころんとした姿に緊張感はなく、寧ろ愛らしさを垣間見せてくれます。

モダンなカタチの奥には、バカラ職人の熟練した技巧が、力むことも手を抜くこともなく、ごく自然に落とし込まれており、とても風通しが良い佳品だと思います。

背面にはアシッドエッチングによるバカラ印入り。

 

Baccarat (バカラ)

世界で最も名高いクリスタルガラスのラグジュアリーブランドとして知られるバカラ。

その歴史の始まりは、1764年、フランス王ルイ15世に認可され、ロレーヌ地方のバカラ村に設立されたガラス工房です。1816年、現在でもバカラと並んで称されるクリスタルガラスのブランド、サンルイとの一時的な合併時に技法を学び、最初のクリスタルガラスを工房にて製造。その後、1800年代半ばまでは合併、或いは流通提携を続けますが、1860年「バカラ」として正式に商標登録。現在までその歴史が続いていくこととなります。

デザイン、モデリング、ホットワーク(ガラスの吹き上げ作業)、コールドワーク(カッティング、装飾作業)。あらゆる工程に、超一級の職人の仕事が介在した惚れ惚れする程に素晴らしい作りの工芸品。

クープランでは、そんなアンティークバカラの中から、美しくも現代的な風通しの良さが感じられる、上品な絢爛さを纏った品を厳選、紹介しています。

 

1950〜60年代初期バカラについての雑感

オールドバカラ、そんなふうにひと括りに記号化されることも多いですが、実際には年代ごとに各々の美質や纏う気配があります。

1950〜60年代頃のバカラ。量産と流通(加えてコンプライアンス強化)という世界的な潮流が同社にも押し寄せ、作りの簡略化が少しづつ行われていたことが個々のプロダクトを見ると感じる時代でもあるのですが、そうしたなかでモダニズム成熟期を迎えたなかで生み出されたバカラテーブルウェアについてだけは、個人的にごく心惹かれます。

工芸と工業の狭間。職人による成形過程とプロダクトデザインの美しい均衡。

カタチの高い精度は白眉。洗練優美を湛えながら、端正な佇まいがあります。

またリーデルによるエッグ型カップの発見や極薄なガラス成形技術の発展が、味、香りといった飲料各々の個性を引き出すための、より機能的なグラス設計へと繋がっており、道具としても秀逸なものが多いです。

それでいてそうした一切の表層を支えるバカラ職人の熟練仕事も、深部に未だ当たり前のようにして在り続けています。ディテールに宿る気配、気高くも自然な精神に尊さを感じます。

1970年代以降になると、バカラガラスの質はガラリと変わり、工業製品的な様相もより強くなります。全ての情報が、自分の知る限りは表側に出てきていないため、推測も含みますが、含有原料の変更や成形手法の転換があったことは間違いないと思います(これには近現代化に伴うやむを得ない事情もあります)。

ごく繊細でいて、確かな差異。ほんの20年前後、過渡期的浮遊感を纏い、食空間で凛とニュートラルに佇むヴィンテージバカラ。クープランなりに見つめ掬いとる、100年前のアンティークバカラとも、現行バカラとも異なる美質。左様な見方をする人を他には知らないけれど、その魅力を共感いただけたら嬉しいなと思っています。

 


 

約 口径4.7 / 脚部径4.9 / 高13.5cm

(ご売約済)

Related posts

テキストのコピーはできません。