menu

Items / Pottery

Bylon Carouge Assiette Octogonale

 

多様な造りが見られる古手のオクトゴナル皿より、現在のスイス連邦・ジュネーヴ州のジュネーヴ郊外南、北イタリア文化の影響が色濃く残る小さな街カルージュで作陶された一品。19世紀初期〜半ば頃。

かの皇帝ナポレオン・ボナパルトのイタリア遠征以来、フランスとの関係を深めたカルージュ。軍の公的な命を受けた貿易商アブラハム・ベロン(Abraham Baylon)は、18世紀ごろより行われていた地場の小規模な陶器製造業に経営参画し、1802年から1879年までの期間、同族経営により、フランス式の陶器製造を行いました。

地図(Click!

背面には創業者、ベロンの名が刻まれています。

当時のフランスのファイアンスフィーヌの作陶技法を踏襲・導入しつつも、産出される陶土や僅かな作陶年代の違いからか、陶胎や施釉のマチエール固有の美質があります。クレイユやシャンティイの造りに見られる、所謂「ひし形」のレリーフを採用していますが、仄かな差異に個性を愉しみます。発色佳き美しい白色の古手オクトゴナル皿は、他窯を含めても多量に見られるものではありません。

状態も目立たないチップが一箇所のみで、全体としてごく良好。上品でクリーンな古陶器です。

 


 

Size: W25.7 × D24 × H2.7cm

(ご売約済)

Related posts