menu

Glassware / Items

Pot à pharmacie en Verre soufflé

 

19世紀、吹きガラスの薬草瓶です。

端正なプロポーション。職人によるマウスブロー成形が生む、大胆さと繊細さが同居したアンティークガラスの揺らぎ、表情が心地よいです。窄んだ口縁は花を生けるのに塩梅よく、今までも幾度も似た手の品の紹介を重ねてきました。状態の安定している品を纏めて見つけられたため、HPを通して紹介いたします。

現代日本の生活にも自然と溶け込む好ましさと、軽やかな実用性を兼ね備えた古道具です。

 

吹きガラス

19世紀末までフランス各地の村の大・小さまざまな工房で吹きガラスが作られていました。

ガラスの製法には様々ありますが、この時代の民衆の器としての吹きガラスには、もっとも古いガラス製法である宙吹きという手法が主に用いられています。吹き竿の先に溶けたガラスをつけ、息を吹きこみ、空中で風船のようにガラスをふくらませて形作りを行う製法です。

あるいは金型を用いてカタチを整える場合には型吹きという製法が用いられることもあります。この技法は19世紀半ば以降に発展し徐々に機械による型吹きがメインとなっていきますが、古い作りで見られる手作業(マウスブロー)による型吹きガラスには、機械を用いた成型とは異なり気泡や揺らぎといった個体差があります。

仕上がりの雰囲気ははそれぞれですが、職人の気配が感じられる吹きガラスならではの表情はとても魅力的です。20世紀以降、ガラスの製造は「手工業」から「機械工業」へ移行していき、小さなガラス工房はやがて姿を消してしまいました。アンティークの吹きガラスには、今は失われてしまった手工業文化の一端を垣間見ることができます。

 


 

約 φ11.5 × H23cm(個体差有り)

スライド写真 8〜10枚目にて確認いただけるように、個体ごとに多少のバリや擦れがあります。
写真以上の傷はなく、店主主観として気にならない範疇のため、同一個体として紹介しております。
ご了承のうえ、注文をいただけますと幸いです。割れ・欠けや、カルキ汚れはありません。

販売価格(税別)
¥13,000
Stock:1点

Related posts