menu

Items / Silverware

Cuillère à Glace en Métal Argenté

 

フランス語圏で古くから伝統的に親しまれてきたセンターラインハンドル。端正で無駄がないミニマルなフォルムを、クラシカルなシルバープレート素材で仕上げたクープラン定番のカトラリーですが、ソルベ用スプーンについては、個体数が少なく紹介できる機会が限られています。

深さがない平らなつぼと、広めに取られた面に加えて、右手でスプーンを口に運ぶ際の手前側を薄く、奥側を僅かに迫り上げた左右非対称さに整形の妙があります。ひと目見ても気づかないくらいの僅かな調整ですが、意匠性のみに留まらない、使い手にとって何より大切な口当たりが計算され尽くした設計に、古きフランスの伝統工芸・工業の奥深さを感じます。

今回、ホテル、レストランからの出物を纏まって手にする機会に恵まれました。

汎用性の高さを支える、道具としての優しさ。
個人的にも毎日のように愛用している生活に欠かせないカトラリーの1つです。

お探しだった方がいらっしゃいましたら。

 

Silver Plate Cutlery (シルバープレートカトラリー)

シルバープレートとは産業革命の波を受けて、18世紀から19世紀にかけて発展した、真鍮や洋白 (ニッケルシルバー) 等の下地を銀で覆った素材のことです。

美しい輝き、優しい肌触り、食器やグラスに触れたときの綺麗な響き。純銀に比べると暮らしにも取り入れやすく、ヨーロッパの家庭やレストラン、ホテル等さまざまなシーンでも広く使われてきたシルバープレートカトラリーは、食卓の品位を気軽にぐっとあげてくれる存在です。

 


 

銀器の普段の使い方とお手入れ方法

銀器は使っていると空気に触れて色がくすんでいきます。

・洗ったあとはできるかぎりすぐに拭いてあげてください。
・毎日と言わずとも定期的に使ってあげることが大切です。

黒ずみが気になるときはお鍋に熱いお湯を張り、アルミホイルと重曹を入れ銀器を浸しください。銀が輝きを取り戻します。またこの方法であれば、銀器の量が増えても、手間が増えずにお手入れいただけると思います。それぞれの銀器は重ねずに離していただいたほうが、効果は出やすいです。

※鍋はアルミ以外の素材を使用してください。
※シルバーナイフについてのみ、ハンドルとブレードの接合部がニカワという熱に弱い糊で接着されているため、上記方法には注意が必要です。

説明をすると面倒な素材に聞こえますが、実際は想像よりずっと気軽に使っていただけると思います。ぜひ暮らしのなかで程よく気をかけてあげながら、銀器と付き合ってみてください。

 


 

約13.8cm

複数の銀細工工房の作りが混在しております。通信販売用に近似の作りの個体をセレクトし、同一の品として紹介しております。ごく僅かな意匠の個体差、前後1、2mmの寸法差がある場合がございます。
(写真の掲載のないような意匠、寸法の個体はございませんので、ご安心ください。)

店頭在庫は別でご用意しておりますが、通信販売分については、当ページに計上しました在庫が完売後は(店頭在庫がある場合でも)再入荷未定です。何卒ご容赦くださいませ。

 

(ご売約済)

Related posts