menu

Items / Pottery

Plat en terre vernissée de Sud Ouest

 

古くから存在した地場の工芸文化に、英国人陶工の影響(指導)も加わり、多様な作陶を行った19世紀半ば、フランス南西部の陶器の名産地オヴィラール、及び近郊のモントーバン、アルデュ等。

さらりと流れるように描かれた一筆文様に褐釉。同地近郊の特質を示す陶器です。

現地、南フランスでは一定数見かける類の皿ですが、特徴的な釉の色調と絵付けは、華美に寄ったり、甘さが勝ることなく落ち着いて仕上げるということは存外難しいように思われ、其れもまた土地の魅力ですが、選びきれないことも多いです。

土地の気候風土が生んだ美質を存分に纏いながら、器として無理がない自然な佇まいに、「これは」と手がすっと伸びました。これまで見てきたものと比べても、かなり重たさがあることも特徴的です。約90グラム。陶胎も厚めで、器としての重心が低めであることも、甘さを抑える良い作用を生んでいるように感じます。

当時のフランスとしては珍しい装飾ですが、歴史的背景を踏まえると、同じ作陶技法を用いた、所謂英国のスリップウェアを陶工が参考にしていた可能性が高いでしょう。カタチ、施釉はフランス特有のもので、器全体のバランス感覚に好奇心をくすぐられます。

横幅28.5センチメートル、使い勝手のよさが嬉しい寸法です。

肉料理や野菜のグリルを盛り付けて豊かな存在感を楽しんでいただきたいです。

 


 

約幅28.5 /奥行き20.9 /高3.5cm

販売価格(税別)
¥24,000
Stock:1点

Related posts

テキストのコピーはできません。